認知症を予防するために!

脳は、私たちのほとんどあらゆる活動をコントロールしている司令塔です。それがうまく働かなければ、精神活動も身体活動もスムーズに運ばなくなります。認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態(およそ6ヵ月以上継続)を指します。


認知症を引き起こす病気のうち、もっとも多いのは、脳の神経細胞がゆっくりと死んでいく「変性疾患」と呼ばれる病気です。アルツハイマー病前頭・側頭型認知症レビー小体病などがこの「変性疾患」にあたります。


続いて多いのが、脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化などのために、神経の細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなり、その結果その部分の神経細胞が死んだり、神経のネットワークが壊れてしまう脳血管性認知症です。


「厚生労働省の『認知症とは』より」

デュアルタスクとは

リハビリスタジオてぃーだでは、認知症を予防するために「デュアルタスク」という手法を用いています。デュアルタスクとは、2つのことを同時にすることを意味しますが、てぃーだでは、運動しながら、脳を使うという方法で、認知症を予防しています。


例えば、計算をしながら、運動をすると、いつもできる運動が、難しく感じたり、簡単な足し算が、すぐに答えられなかったりという経験は、誰にでもあるかもしれません。それは、脳に「計算する」と「運動する」の2つの指令を同時に与えているため、難しく感じるのです。その方法を用いて、認知症を予防しているのです。

スクエアステップ

「てぃーだ」で、楽しみながら実施する運動の1つに「スクエアステップ」があります。


スクエアステップは、スポーツ医学や健康体力学、老年体力学を専門とする国立大学法人の教員が連携して開発した、科学的根拠に基づくエクササイズです。


スクエアステップの適用範囲は広く、高齢者の要介護化予防のほか、あらゆる年齢層の体力づくり・仲間づくり、アスリートの競技力向上とコンディショニングにまで適用が可能です。                               スクエアステップ


ぜひ、ご見学ください!楽しいですよ!


スクエアステップとは>>こちら

くもん学習療法(真砂施設)

従来のリハビリテーションは、脳のある部分が壊れてしまった時に、トレーニングを繰り返すことによって、脳のほかの領域がそれに代替して働きだすことを期待するという考え方でした。


一方、学習療法では前頭前野を活性化し、その機能を向上させることで、さまざまな能力の向上を期待しています。失われた機能を脳の他の領域で代償させるのではなく(ぜんとうぜんやと読みます。以下同様です。)、脳(前頭前野)の潜在能力を回復させることにより、脳の働きを好循環させていこうとするものです。


学習療法の目的は、学習によって認知症の進行を予防・改善し、その人らしく生きていけるようにすることです。 ※「くもん学習療法とは」より

様々な認知症予防プログラム

他にも「リハビリスタジオてぃーだ」では、脳を活性化させるために、様々な取組みをしています。例えば、男性にとっては「麻雀」や「将棋」などのレクもその1つです。「歌声広場」のような、レクリエーションも実施しています。また、経済活動が不足するお年寄りのために「施設内通貨(フラ)」などを活用してのリハビリにも参加していただいています。


【施設内通貨のメリット】

 ・脳の活性化につながる

 ・リハビリなどに意欲を持つことができる

 ・楽しい!